10月のイベント雑学『ハロウィンのカボチャのお化けは誰?』

2020年9月16日

 10月31日はハロウィンです!

 

 数年前には

「海外のお祭りに何でも乗っかって、下らない」

と斜に構えてみる大人も多かったこのイベントも、今では一大イベントに成長し、浸透してきました。

 

 そこで今回は、そんなハロウィンに関する雑学。

 

 テーマは

『ハロウィンのカボチャのお化けは誰?』

 

 この記事を読む事で

◎、ハロウィンに関する雑学が一つ増えて、雑談に使えるようになります。

◎、貴方が知らない辞書の魅力を知れます!

◎、私の記事を何個も読んでいるとジワリジワリと、貴方は辞書の面白さにハマって行くはず!

 

 それでは早速見て行きましょう!

 

 

 

ハロウィンの雑学『カボチャのお化けは誰?』

 ハロウィンと言ったら、カボチャのお化け

『ジャック・オ・ランタン』

が有名ですよね。

 

 では彼は一体どんな存在なのでしょうか?

 彼が生きている時の名前は

『ジャック』

です。

 

 彼は生きている時に悪さをし過ぎてしまい、死後の世界に受け入れて貰えず、行き場がなく彷徨っているお化けになります。

 

 それを哀れに思った悪魔が情けとして持たせたのが

『魔除けのランタン』

でした。

 

 だからハロウィンのカボチャのお化けはランタンを持っていたり、ランタンとして光を入れるんですね。

 

 

 

新選国語辞典による『カボチャ』の意味

 新選国語辞典の特徴は

『表現が硬い』

 

 そんな新選国語辞典に

『カボチャ』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

① ウリ科の一年生植物。夏黄色い花が咲く。実(み)は食用

 

 

 

新明解国語辞典による『カボチャ』とは

 新明解国語辞典の特徴は

『表現が面白い』

 

 そんな新明解国語辞典に

『カボチャ』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

① 畑に栽培する一年生つる草。夏、黄色の花を開く。

  実(み)は大型で、煮ると甘い。

  種類が多く、実の形・色は様々である。

 

 

『煮ると甘い』

の辺りが新明解辞典っぽさを出していますね!

 

 

 

最後に

 ここまで読んでいただきありがとうございます。

 他のトレンドや雑学記事も読んで行って下さい!

 

 少しでも

「面白かった!」

等と思って頂けたら

◎、シェア―

◎、ツイッターのフォロー

等を宜しくお願いします。

 

 筆者は他にも色々と活動していますので、こちらの活動も併せて楽しんで行って下さい!

◎、ブログ

読書が苦手な人に本や知識を紹介するブログ。

 

 

◎、音声配信

『ふたひいの話を聞くよ!相談室』

 

それではまた、お会いしましょう!

「これでコーヒーでも飲んで頑張って!」

と思ってくれた貴方は応援お願いします。

ふたひい@…にOFUSEする