10月の古い呼び方に関する雑学『神無月と神在月』

 10月は別名

『神無月(かんなづき)』

と呼びますが、何故そのように呼ぶのかご存知ですか?

 

 実はその由来を知ると、10月は神無月と同時に

『神在月(かみありづき)』

と呼ぶ事も分かります。

 

 こんな肩肘張らずに読める、雑談で使える雑学をご紹介していきます!

 更に、その雑学に関係する意味を辞書から紹介します!

 

 主に雑学の内容は

『会話に困らない使える雑談力1500 著:西東社編集部』

 

を元にしています。

 

 今回は10月、季節の雑学として

『神無月と神在月』

という雑学です。

 

 私のブログを読んで行くと

◎、初対面の人とのコミュニケーションに使える雑学を学べます。

◎、貴方が知らない辞書の魅力を知れます!

◎、私の記事を何個も読んでいるとジワリジワリと、貴方は辞書の面白さにハマって行くはず!

 

 それでは早速見て行きましょう!

 

 

 

10月の古い呼び方『神無月と神在月』

 日本の10月は、日本中の神様達が島根県にある出雲大社に集まる事で、日本全国の神様が不在になるとされ、

『神様がいない月』

という意味で

『神無月』

と呼ばれます。

 

 つまり、逆に島根県出雲では日本中の神様が集まっているので

『神様が集まる月』

として

『神在月』

と呼ばれるわけですね。

 

 なお、お留守番をしている神様も一人います。

 そういったお話はこちらをどうぞ。

>>>〔日本〕10月、季節の行事を解説します

 

 

 

新選国語辞典による『神無月と神在月』の意味

 新選国語辞典の特徴は

『表現が硬い』

 

 そんな新選国語辞典に

『神無月と神在月』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

 

<神無月>

① 陰暦10月

 

 

<神在月・神>

 記載なし。

 

 代替として

『神』

について見てみましょう!

 

① 宗教的な崇拝・信仰の対象になる超人間的な力を持つ存在

② 仏教の仏に対して、日本の神話・神道に表れる超人間的な存在。

③ かみなり(古語)

 

 

 

新明解国語辞典による『神無月と神在月』の意味

 新明解国語辞典の特徴は

『表現が面白い』

 

 そんな新明解国語辞典に

『神無月と神在月』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

 

<神無月>

① 10月の異称

(「かみなづき」の変化)

 日本中の神々が出雲に集まるという伝承に基づく

 

 

<神在月・神>

 記載なし。

 

 こちらも折角なので

『神』

について見てみましょう!

 

① 絶対的な超能力を持ち、自然界・人間界を左右するモノと考えられた創造主

(人間の形をとるが、多くは在天の存在とされる)

 

② その国の神話の中で活躍し、今に語る継がれる存在。

 (①の神に従い、共に信仰の対象となる)

 (日本では特定の故人の霊と共に神社に祭られる)

 

 私は新解明国語辞典の解説に面白さを求めているのですが、今回の解説文は

『ややじんわり面白い』

くらいですかね。

 

 貴方はどうですか?

 

 

 

最後に

 ここまで読んでいただきありがとうございます。

 他のトレンドや雑学記事も読んで行って下さい!

 

 少しでも

「面白かった!」

等と思って頂けたら

◎、シェア―

◎、ツイッターのフォロー

等を宜しくお願いします。

 

 筆者は他にも色々と活動していますので、こちらの活動も併せて楽しんで行って下さい!

◎、ブログ

読書が苦手な人に本や知識を紹介するブログ。

 

 

◎、音声配信

『ふたひいの話を聞くよ!相談室』

 

それではまた、お会いしましょう!

「これでコーヒーでも飲んで頑張って!」

と思ってくれた貴方は応援お願いします。

ふたひい@…にOFUSEする

, 10月

Posted by futa