冬に関する雑学『インフルエンザ予防にうがいは推奨されていない』

2020年9月19日

 2020年は新型コロナウイルスの蔓延で感染症予防のために

『うがい、手洗いの徹底!』

というものが広まり、かなり浸透してきました。

 

 そこで今回は、そんな感染症の中でも毎年冬になると感染拡大をしている

『インフルエンザ予防』

に関する雑学です。

 

 テーマは

『インフルエンザ予防にうがいは推奨されていない!?』

です。

 

 この記事を読む事で

◎、インフルエンザ予防に関する雑学が一つ増えて、雑談に使えるようになります。

◎、貴方が知らない辞書の魅力を知れます!

◎、私の記事を何個も読んでいるとジワリジワリと、貴方は辞書の面白さにハマって行くはず!

 

 それでは早速見て行きましょう!

 

 

 

 

冬の雑学『インフルエンザ予防にうがいは推奨されていない!?』

 毎年寒くて、空気が乾燥すると蔓延してくるのがインフルエンザです。

 2020年は新型コロナもあるので、ダブルで危険視されています。

 

 新型コロナウイルスの感染予防には

『うがい、手洗い』

が推奨されていますが、実はインフルエンザ予防に

『うがい』

は推奨されていないんですね!

 

「本当!?」

と疑う貴方は是非

『インフルエンザ予防方法』

で検索してみて下さい。

 

 うがいは含まれていませんから!

 

 ではそれは何故か?

 うがいは、喉等の気道に付着いた菌やウイルスを洗い出す目的で行います。

 しかし、インフルエンザウイルスは気道に付着すると、たったの20分で体内に入り込みます。

 

 つまり、インフルエンザ予防のためにうがいをするとなると、20分おきにうがいをし続けなければ意味がないことになります。

 

 確かにうがいでインフルエンザウイルスを排除することは可能ですが、そのためには

『20分おきにうがいをし続ける必要がある』

 一体そんな生活を誰ができるのか?

 ちょっと現実的ではありませんよね?

 

 だから、インフルエンザ予防対策には

『うがい』

が含まれていないんですね。

 

 

 

新選国語辞典による『インフルエンザ・感冒』の意味

 新選国語辞典の特徴は

『表現が硬い』

 

 そんな新選国語辞典に

『インフルエンザ・感冒』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

 

<インフルエンザ>

① 流行性感冒。流感。

 

 

<感冒>

① かぜ。かぜひき

寒冒」と書くのは誤り

 

 

 

新明解国語辞典による『インフルエンザ・感冒』の意味

 新明解国語辞典の特徴は

『表現が面白い』

 

 そんな新明解国語辞典に

『インフルエンザ・感冒』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

 

<インフルエンザ>

① 流行性感冒

 

 

<感冒>

① 体の抵抗力が低下しているときに、ウイルスによって引き起こる風邪。

熱が高くなり、だるさ、頭痛や食欲不振などをもたらす。

〔ウイルスによらず、寒さなどに起因する風邪は「寒冒」と書く

 

 

「あれ?寒冒に関して喧嘩でもしているのかな?」

と思ってしまうほど、見事なリンクのしようですね!

 

 調べながら

クスッ

と思わず笑ってしまいました!

 

 

 

最後に

 ここまで読んでいただきありがとうございます。

 他のトレンドや雑学記事も読んで行って下さい!

 

 少しでも

「面白かった!」

等と思って頂けたら

◎、シェア―

◎、ツイッターのフォロー

等を宜しくお願いします。

 

 筆者は他にも色々と活動していますので、こちらの活動も併せて楽しんで行って下さい!

◎、ブログ

読書が苦手な人に本や知識を紹介するブログ。

 

 

◎、音声配信

『ふたひいの話を聞くよ!相談室』

 

それではまた、お会いしましょう!

「これでコーヒーでも飲んで頑張って!」

と思ってくれた貴方は応援お願いします。

ふたひい@…にOFUSEする

健康,

Posted by futa