警察に関する雑学『何で隠れて交通取り締まりをするの?』

「警察ってなんでいつも隠れて交通取り締まりをしているんだろう?」

「事故防止なら見えるように立って、それでも違反するような悪質な運転手だけ取り締まれよ!」

のように思った経験はありませんか?

 

 そのような意見が多いことは当然警察組織にも入ってきており、認識しています。

 しかし、それでも警察官は隠れて交通取り締まりをしています。

 

 そこで今回は

『何で警察は、隠れて交通取り締まりをするのか?』

という雑学です。

 

 この記事を読むと

◎、交通取り締まりに関する雑学が一つ増えて、雑談に使えるようになります。

◎、貴方が知らない辞書の魅力を知れます!

◎、私の記事を何個も読んでいるとジワリジワリと、貴方は辞書の面白さにハマって行くはず!

 

 それではそんな交通取り締まりに関する雑学を早速見て行きましょう!

 

 

 

警察に関する雑学『何で隠れて交通取り締まりをしているの?』

 この理由を一言で言うなら単純に

『人手不足だから』

です。

 

 警察官の最大人数は国が決めていますので、その人数は満たしています。

 しかし、交通違反や事故数、犯罪発生件数等々、警察官がやらなければならないことはその人数ではこなし切れない程に沢山あります。

 

 そのため、交通取り締まりは

警察官がいない時にでも効果が発揮されなければ意味がない状態』

にあるわけです。

 

 いつも警察官が見えている状態で取り締まりをしていると、

「警察官がいないから、少しくらい違反しても大丈夫だな!」

と気が緩み、違反をしてしまう運転手が増えてしまうんですね。

 

 そこで、普段から隠れて取り締まりをすることで

「警察官がどこで見ているかわからないからな!」

と、ある程度は身を引き締めて運転できるようにしているわけです。

 

 この辺りに関して雑学ではなく、詳しく知りたい貴方はこちらの記事もどうぞ!

>>>隠れて交通取り締まりをする警察について、元警察官が本音で語ります。

 

 

 

新選国語辞典による『取り締まり』の意味

 新選国語辞典の特徴は

『表現が硬い』

 

 そんな新選国語辞典に

『取り締まり』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

① 犯罪や違反のないように監視する。

② 不正をつきとめ、正す。

 

「専務取締」のような場合は、送り仮名を省いて書く。

 

 

 

新明解国語辞典による『取り締まり』の意味

 新明解国語辞典の特徴は

『表現が面白い』

 

 そんな新明解国語辞典に

『取り締まり』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

① 取り締まること・人。

② 「取締役」の略

 

 

 今回は新選国語辞典の方がちょっと面白かったかも!?

 

 

 

最後に

 ここまで読んでいただきありがとうございます。

 他のトレンドや雑学記事も読んで行って下さい!

 

 少しでも

「面白かった!」

等と思って頂けたら

◎、シェア―

◎、ツイッターのフォロー

等を宜しくお願いします。

 

 筆者は他にも色々と活動していますので、こちらの活動も併せて楽しんで行って下さい!

◎、ブログ

読書が苦手な人に本や知識を紹介するブログ。

 

 

◎、音声配信

『ふたひいの話を聞くよ!相談室』

 

それではまた、お会いしましょう!

「これでコーヒーでも飲んで頑張って!」

と思ってくれた貴方は応援お願いします。

ふたひい@…にOFUSEする

警察

Posted by futa