法律の雑学『立法・司法・行政とはなに?』

 立法・司法・行政とはなに?

 

 このようにいきなり聞かれると

「えっと、三権分立のやつだよね。知ってる知ってる!」

「うん、社会の授業で聞いたことあるやつだよね!!」

のように何となく聞いた事はあるけど、中身が思い出せないなんて人も多いのではないでしょうか?

 

 そこで今回は

『立法・司法・行政とはなに?』

という雑学です。

 

 この記事を読むと

◎、立法・司法・行政に関する雑学が一つ増えて、雑談に使えるようになります。

◎、貴方が知らない辞書の魅力を知れます!

◎、学びを習慣化する第一歩を踏み出せます!!

 

 それではそんな立法・司法・行政に関する雑学を見て行きましょう!

 

 

 

法律に関する雑学『立法・司法・行政とはなにか?』

 立法・司法・行政とは、日本の権力のことで、3つを合わせて

『三権(分立)』

と呼びます。

 

 それぞれ扱う領域が違い、お互いがお互いの権力をけん制・監視し合う事で、権力の暴走を防ぐ役割を持っています。

 

 立法とは、法を作る権力です。

 国だと国会。

 都道府県だと都道府県議会

が立法になります。

 

 司法とは、法を判断する権力です。

 国だと最高裁判所

 都道府県だと地方裁判所

になります。

 

 行政とは、立法にも、司法にも属さない公的権力を指します。

 国だと内閣

 都道府県だと役所・警察

等になります。

 

「折角だから、もう少しだけ三権について勉強したいな!」

という貴方はこちらの記事をお読みください。

>>>法律に関する雑学『三権分立には例外がある!?』

 

 

 

新選国語辞典による『三権』の意味

 新選国語辞典の特徴は

『表現が硬い』

 

 そんな新選国語辞典に

『三権』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

① 立法・司法・行政の3つの統治権

 

 

 

新明解国語辞典による『三権』の意味

 新明解国語辞典の特徴は

『表現が面白い』

 

 そんな新明解国語辞典に

『三権』

はどう書かれているのか見てみましょう!

 

① 統治権の三種別。立法権・司法権・行政権。

 

 

 

最後に

 ここまで読んでいただきありがとうございます。

 こんな小さな積み重ねも、繰り返すと貴方の成長に繋がります!

 是非また来て下さいね。

 

 この機会を継続し、自分の成長に変えて行きたい貴方は私の運営するサークルへの参加もご検討下さい!

 

 変わりたい人のためのサークル

『変化の卵とヒヨコ』

 

 

 少しでも

「面白かった!」

等と思って頂けたら

◎、シェア―

◎、ツイッターのフォロー

等も宜しくお願いします。

「これでコーヒーでも飲んで頑張って!」

と思ってくれた貴方は応援お願いします。

ふたひい@…にOFUSEする

法律

Posted by futa