年末年始の警察署・交番・免許センターの開庁・休業日まとめ

「年末年始って警察署はやってるのかなぁ?やってないと不安だなぁ!もし何かあったらどうしたら良いの?」

「免許センターは年末年始やってるのかなぁ?やってないなら早く手続きしちゃわないと!」

等、普段はあまり気にしない警察組織の業務も年末年始は何かと気になりますよね。

 そこで今回は

『年末年始の警察署・交番・免許センターの開庁・休業日時』

について紹介していきます。

 

 この記事を読むことで

◎、年末年始の警察組織の稼働状況を把握できます

◎、年末年始は休業している業務を知る事で、無駄足を踏まないで済みます

◎、年中無休でやっている業務を知る事で、必要以上に不安にならないで済みます

 それでは、警察組織の年末年始における各種開庁・休業日時について一緒に見て行きましょう!

※基本的には全国共通ですが、都道府県ごとに多少異なる可能性がありますので、確実にはその組織の公式情報を確認下さい。

①警察署の年末年始

 警察署の年末年始休みは

『12月29日~1月3日』

です。

 警察署の年内は

12月28日

の仕事が終わった時点で仕事納めになります。

 新年は

1月4日

からが仕事始めになります。

 どちらも開庁時間は普段と同じです。

(部署や警察署、県警等の単位で窓口の時間に多少違いがあり得るので、細かい部分は自身が用事のあるところを調べて下さい)

 

 このように聞くと

「えっ!?じゃあ年末年始は警察署って機能していないの?ヤバいじゃん!?」

と心配になりますよね。

 しかし、そこはご安心下さい。

 仕事納めをしても警察署は365日、24時間常に機能し続けています。

 

 一般窓口が閉まるだけで、緊急事態等に対応するため当直体制で警察官が常駐しています。

 仕事納め期間中、警察署で通常通り行っている業務は

◎、事件・事故の受理・処理

◎、遺失物・拾得物の受理

◎、保護

◎、留置管理

◎、パトカー(警ら係)

等です。

 

 それ以外の免許関係、許可関係は一切やっていません。

 相談業務に関しては閉めてはいませんが、専門的に話を聞く者はいませんし、当直体制で人員に余裕があるわけではないので、断られる可能性も高いです。

 警察署に関しては

『必要最小限だけ機能している』

という認識で問題ないので、急ぎではないことは仕事始め以降にしましょう。

 

②交番の年末年始

 次は交番についてですが、交番は

『365日、24時間、常時通常運用』

です。

 恐らく多くの人にとって、治安という面では警察署よりも、身近にある交番の方が気になりますよね。

 この辺り

「年末年始、交番はやっているのかなぁ?」

については、いつもと何も変わらず通常運用です。

※交番と駐在所は違います。駐在所は警察署と同じ休みになります。

交番(派出所)とは、複数の警察官が交替で勤務している場所

駐在所とは、一人の警察官が住み込みで勤務している場所

 

「でも、そもそも私の近所の交番っていつも警察官がいなくて閉まってるよ!」

と感じる人もいるかもしれません。

 それは警察官が事件・事故の処理、パトロール、取り締まり等で交番にいないだけで、機能はしています。

 交番に警察官がいないときは

「パトロール等の治安維持のために頑張っているんだなぁ!」

と捉えて下さい。

 

「でも、実際問題用事があるときに警察官がいないなら、用事があるときにはどうしたら良いの?」

と疑問に思いますよね。

 その時は、

『交番入り口付近にある電話の受話器のようなモノ』

を手に取って下さい。

 

 手に取るだけで自動的に管轄の警察署につながります。

 そして要件を伝えれば警察署の当直が

「来訪者がいるので、交番に戻って下さい!」

と交番又はパトカーの警察官に指示を出しますので、警察官が交番に戻ってきます。

 

 なお、

「不審者に追われていて助けて欲しいときはどうするの?」

という場合は、交番に逃げ込む前に110番をして下さい。

 その方が早く警察官が、貴方の元へ助けに来ます。

 110番で助けを求めた場合は、交番などではなく今の貴方の元に向かいます。

 

③免許センターの年末年始

 恐らく一番気になる人が多いのは免許センターですよね。

 最初に結論を言うと

『12月28日で仕事納め、1月4日から仕事始め』

です。

 基本的に警察関係組織も、その他の役所等も公的機関は毎年共通して

12月28日で仕事納め、1月4日から仕事始め

です。

 そのため免許センターもこれにならって、同じ期間閉庁しています。

 

「マジで!でも、私の免許更新の有効期間は閉庁期間中で切れるんですけど!?それまで仕事の休み取れないし・・・どうしよう」

という人もいるかもしれません。

 そのような人は免許の有効期間が1月4日までになります。

 これは例えば、免許の更新期限が1月1日までの人がいたとします。

 しかし1月1日は免許センターがやっていません。

 でも免許センターがやっている12月28日までに行けない。

 そんな時は、1月4日中に更新をすれば大丈夫という事です。

 

 このような場合には、免許は1月1日ではなく、1月5日に切れることになります。

 とはいえ、免許更新期間は2ヶ月もあるんですから、次回からはギリギリではなく、もっと早めに更新しましょうね!

 私も同じなので、面倒で後回しにしてしまう気持ちは物凄くよくわかるんですけどね。

 

④おまけ:警察本部・支部

 普通は気になる人もいないと思いますが、おまけとして、

「警察本部や、その支部はどうなのか?」

についても軽く紹介します。

 

 結論としては

『警察署と同じ』

です。

 警察本部も当直体制になりますが、警察官は常駐しています。

 

 更に、警察本部には幾つか支部もありますが、(その支部に入っている部署によって違いはあるにせよ)基本的に

『支部は通常運用』

です。

 私は警察本部時代は、この支部に勤めていました。

 年末年始も通常運用で24時間常駐していました。

 

 このように言うと

「じゃあ最悪この本部支部に届出をすれば良いね!」

と考える人がいるかもしれませんが、それはやめて下さい!

 年末年始に限らずたまに警察本部支部に何か届出をしに来る人がいるのですが、

『警察本部支部では、警察署で扱っている業務は一切扱っていません』

 そのため、本部支部に落とし物を持ってきたり、相談に来たりしても対応できません。

 対応するための人員も、書類もありません。

 

 警察本部の警察官は、特定の部門における突出したスキルを持っている人達の集まりです。

 そんな人達がその特定の分野だけに仕事を専念することで、更に高い捜査力を発揮するための部署です。

 そのため、手広くなんでもしてくれる警察署や交番とはやれることが全く違うんですね。

 確かに能力的にはみんな警察署で行っている業務をやれるのですが、それに対応するための書類や設備がないから対応できないんですね。

 本当に困ってしまうので、年末年始に限らず本部支部が近所にあってもそこに届出や相談に行くのは絶対にやめましょう!

 

まとめ

 今回は年末年始に警察組織はやっているのか?について見てきました。

①、警察署の年末年始

 『12月28日の業務が年内最後。1月4日から開庁する。当直体制は常時維持』

②、交番の年末年始

 『365日、24時間、常時通常運用』

③、免許センターの年末年始

 『警察署と同じ。ただし当直体制はなく、完全に休み』

④、おまけ

 『警察本部も警察署と同じ当直体制。本部支部は交番と同じで通常運用』

 

 これで年末年始の警察組織の稼働状況を把握できましたよね。

 年末年始は休業している業務もあるので、

「行ったらやってなかった!」

なんて無駄足を踏まないで済みます。

 年中無休で治安維持の面は通常通りなので、必要以上に不安にならないで済みますよね。

 

 私は近い内にオンラインサロンを開設予定です。

 そこでは、

「警察に関することや、事件・事故に関することを警察官に聞いてみたい。けど、身近に何でも聞けるような警察関係者はいないし・・・」

という人のために、私が言えることや知っていること、警察官の本音等々に何でもお答えしていきます。

 開設したらブログでも教えらせしますし、ツイッターでもお知らせするので、興味がある人は是非チェックしてみて下さいね!

このサイトは皆様からのご支援で成り立っています。少しだけでも支援していただけると大変助かります。

ふたひい@…の活動を支援する